すばら3

<< 冒険者4人が挑む愚者の石のこぼれ話-イラストについて ヘリオン(2) | main | 冒険者4人が挑む愚者の石ー小ネタ(1)招待状 >>
冒険者4人が挑む愚者の石のこぼれ話-イラストについて ミトラ(3)

アーテルの個別エンドのどうしようもないギャグおまけをつくらなくては……。

あと、みんなのハッピーエンド後のおまけも作ってあげたいですね!

 

イラストについてのミトラ(進化前)です。

イラストについてといいながら余計な話をつらつらと語ってしまった……。

ミトラの仮置き……あったかな……。

ゲームフォルダにはもうなかったんですが、履歴を漁ったらcoconalaさんに依頼したときの仮置き画像が出てきました。

 

 

UIに関しては、プラグイン、良いですよね!

空想曲線様のティラノスクリプトの着せ替えプラグインを使用しています。

そしてこれを紹介してくれたのはあきらさんです。

あきらさん……有能……。

 

●性別に関して

ミトラに関して性別は設定していないんですが、

私は、たまにある「主人公の性別は明らかにしてはいないのでご自分で考えてください

(けど容姿と作中のふるまいを考えるとおそらく想定されているのは男性だろう)」というのが大好きで、

とくに設定する必要もないし、それの逆をやりたかったのです。

「主人公の性別は明らかにしてはいないのでご自由に考えてください(でもきっと女の子だろうな……)」というやつです。

 

乙女ゲームって銘打っちゃったし、さすがにBLゲーというのはあまりに誇大広告なので、

こだわりのある場合は心のフィルターをかけて遊んでみてください。

保証はぜんぜんしませんけど!

どっかでうっかり女の子になってるかもしれません。

 

ミトラだけ進化前と進化後の2種類の立ち絵があります。

主人公特権ですね!

 

●ラフ

ruderさんに描いていただいたラフがとてもお気に入りです。

 

 

可愛い! 可愛い!

 

「魔法使いっぽいローブ」で注文したのですが、

ヴィジュアルの乏しい私のイメージできるローブといったら黒一色で、

皆に比べて地味だな、と思っていたのですが、

こんなに可愛いお洋服をもらえました。

良かったねぇえええ……。

 

 

,皚△盥イだったのですが、あまりくるくるの片鱗を見せると奴が勘づくかもしれないので、

,任願いしました。

名前変更画面で使っています。

(気が付けないのは変身ヒーロー系のお約束に縛られているだけなので、奴のせいではありません……)。

 

じゃーん!

 

可愛い! 可愛いぞ……!

設定的に可愛さが必要なキャラだったので、イラストをいただいて、とてもテンションが上がりました。

 

無力なピヨピヨモード。

 

これ以上近づいたらお前の人生をメタメタにするぞ、という顔。

 

自分のことちょっとかわいいと思ってるときの顔。

 

●パパとDM

ミトラは徹底的に攻撃力を持ちません。

脅威とみなされず、無視されて生き延びることが生存戦略です。

可愛いと思ってもらえればなおラッキー!

手厚く保護してもらえることでしょう。

 

あまり生き延びる才能がなかったように思えたので、そういう教育方針でした。

 

ミトラの父親は吸血鬼でした。

戦いの才能は有りませんでしたが、他人に迷惑をかけて開き直って生きていく能力がありました。

追い出されてもなんだかんだ宿を見つけてくるし、飢えても死ぬ前に何とかすることができます。

かなりのナルシストなので、もらえるだけもらって「ありがとー! じゃあね!」と手を振るのがとっても上手です。
どこまでやったら本気でキレられるか見極める才能があり、貸し借りの概念が通用しません。
ホンモノの吸血鬼でしたからね!

 

余談ですが、父親はメディク神官に関わって痛い目をみたことがあり、かなりトラウマです(アーテルではなく、その上司の方です)。

 

ミトラの父親は、DMにミトラの始末を任せるつもりはありませんでした。

なんたって生存が第一です。

というか完全にクロウシードを舐め切っていたので、そこまでしてくれる期待ははなから持っていませんでした。

されると非常に困ります。

3番目というのは、単純に距離が近かったんだよ……。

 

追い出されはしないだろうという読みは当たっているんですけれど、認識はぜんぜんかみ合っていません。

DMは圧倒的に犬派です。ダイアウルフが好きです。猫は苦手です。

総合するとすっごい迷惑。

 

●攻撃方法

力のないミトラの攻撃は、基本的には「可愛い」と思ってもらうことでなされるので、

一番嫌いなギルダインにおんぶをせがみます。
あれは甘えているわけではありません。

ジャブであり本当の威嚇行動です。

 

素っ気なくあしらわれるので、内心「ちぇっ……」と思っていますが、

断られれば断られるほどミトラの中での評価が上がります。

難儀な性格ですね。

 

ルート次第ではヘリオンもちょっとつつきますが、思ったように効果が出なかったので信頼度が上がりました。

 

アーテルに関しては、お巡りさんが小さい子に親切にしてくれるようなものだと理解しているので、落ち着いています。

身の危険を感じ、かつ自分の身を守る必要がある場合でなければ攻撃(マント籠城)しません。

大抵の場合はノーガード戦法なので、身を守ろうとしません。

 

しかし、メディク神官はおっかない(とパパから散々聞かされているので)、ちょっとだけ苦手なものを聞いて攻撃手段を探ろうとすることもありました。

本当は弱点を探りたかったんです。

やぶへびでした。

 

●空が見たい

ストレートに望むとパパたちが悲しむので、それらしいセンチメンタルな理由をつけています。

実のところかなり優先順位が低いうえ、ほったらかしても叶う可能性が高いので、この表向きの理由はすぐブレブレになります。

 

●かなり性格が悪い

シビアな貸し借りの概念を持っていて、貰ったものと奪われたものは執拗に記憶しています。

とくに「あげたのに、もらえなかった」場合はかなり根に持ちます。

ただし根がちょろいかまってちゃんなので、ちょっと親切にされるとすぐチャラになります。

うっかりタダで何かを貰うとそれはもうものすごく好感度が上がります。

 

・ギルダイン個別エンド
END2でのふるまいは単なる支払いで、「適当にこうしておけばエンディングっぽくなる」という以上の意味はありません。

あるかもしれませんが、考える時間もありませんし、どうせ考えてもタイムアップが来るので、考えるのはギルダインに押し付けました。

考えるの苦手なのに……。かわいそうに……。


いつなくなってしまうか分からないルッキズムによる儚い好意は、ぜひにも永遠のものにしたかったので、今の状態で、自分がボロを出さないうちに終わらせてしまいたいと思っています。

 

未熟とはいえ吸血鬼です。

真面目に耳を貸すと精神的にごそっと持っていかれるので、小鳥のさえずりと思って聞き流しておくのがいいんじゃないでしょうか。
 

END3のエンディング直前は、ミトラにとって理想の終わり方です。適当な道連れもいるし、「これでいいや」と思っています。

リセマラしないでこれでいこ、これ、と思っています。
ただ、「好き!!!」と言われるのはかなりセキュリティーホールです。

基本的に、可愛いのが価値だと思っているのですが、鏡を見ることができませんし、身内の評価でしかありません。分かりやすい他者もいませんので、根本的な部分であまり自信がありません。

仕方がないので、コイツは生かしておいてやろうと思いました。

 

ギルダインの好意をかなり軽いものととらえているので、もう塔には戻ってこないんじゃないかなと思っています。

 

ギルダインは、おまけでは「修業した」とか言ってますが、トレーニングメニューはメンタル面の強化が主でした。
弟子入りしなおし(あまりに見るからに瀕死すぎて大会での一件はうやむやになった)、フィジカル面はもうこれ以上言うことはないと太鼓判を押されましたが、メンタルがヤバく、滝行やイメージトレーニングを重ねたら精神がズタボロになったのでドクターストップをかけられました。

でもどうしても会いたかったので、医者の言うことを無視してダンジョンにやってきました。

顔を見たことでちょっと回復して一瞬は謎の自信を取り戻しましたが、よく考えるとあとから死にます。

自己判断は良くないと思います。

 

3人のキャラに2種類あるキャラエンドの違いは、良い悪いではなく先払いか後払いかだと思っています。

内部変数的には分かりやすいのでノーマル/バッドにしてあります。

一人だけデッド/デッドがいる気がしますが。

 

・ヘリオン個別エンド

ヘリオンは、まぶしいので、ミトラも途中から破滅させる気が失せました。

なにかを背負わせておうちに帰すことがないように、気を使っているつもりです。

たぶん全部裏目に出ています。

 

・アーテル個別エンド
自分には攻撃力がないと思っているので、誰かが自分のせいで重傷を負うとパニックになります。

最高の評価と無条件の愛は、かなり上等な自分の持ち物です。

それはぜひにも生還して現世に持って帰ってもらわなくてはなりません。

 

なので、ギルダインを生かしておいて欲しいと望みます。

基本的に自分のことしか考えていません。

力がないので人を頼ります。

最低だと思われるのが嫌なので、ヘリオンは頼りません。

 

メディク神官なら助けてくれることでしょう。実際助けてくれようとはします。

メディク神官は、素直な良い子の味方です。

 

こちらに払う代償については、どうせあとから処分する予定のものでした。

差し出すのにためらいは必要ありません。

 

●知らないふりをしろ。非効率に回れ。助けるな。

エンディング1は持っている力を全力で振り回すことを決めた覚醒ルートです。

 

もてる力を発揮して、全力で妨害を行います。

破滅への速度を極限まで緩めます。

 

本気を出しても無力なので、どちらに味方しようとも勝敗は変わりません。

できることはその場にいることしかありません。

 

何も解決しませんが、それだけで役に立つときもあります。

インテリアにどうぞ。

 

塔から出たら、さすがに無力で可愛いだけの戦略は通用しないので、何か別の戦略を考える必要があるでしょう。

とりあえずヘリオンあたりが適切にカウンセリングに突っ込んでくれるんじゃないかと思います。

| 頻子 | 冒険者4人が挑む愚者の石 | 02:53 | - | -
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

このページの先頭へ