すばら3

<< 拍手お返事(2/26) | main | 拍手お返事(3/26) >>
Graveyard Keeperをプレイしていました

平素よりお世話になっております。

拍手やその他もろもろありがとうございます。頻子です。

 

週末、積んでいたGraveyard Keeperに手を付けてみました。

日本語版もあってありがたい限りです。

 

あとDragon Ageを購入してみたり、おすすめされたフリゲをDLだけしてみたり、人生を30周くらい周回してやりこまないとままならないようなパソコンになってきています。

なんてこった……。

 

巷では「汚い牧場物語」と評判のGraveyard Keeper。

現代社会から魔女狩り時代に悲しき異世界転生をしたおじさんを操作して、愛する妻のいる自宅へと帰るべくして、厄介な村の人たちのクエストをこなしながらちまちまと墓場を経営するゲームです。

結構グロテスクなところもあるので、ご注意ください。

 

キャラメイクして危ういサイコ野郎になって世界一のこの世の果てを作り出そうと思っていた私は、このおじさんが非常にしぶしぶとしているのにちょっと面食らったのですけれど、総合的に考えて割とひどい環境ではあるので、おじさんでいいのかもしれない。

 

このゲームで一番好きな瞬間が、教会を使えるようになってからの週一回の集会で、主人公が教会に立ち、「あー、えー、我々は素晴らしい!」と適当なこと言ったら「いいね!」と大衆が適当に信仰心をささげて、小銭を投げ込んでいってくれるところです。

いろんなルーチンをさぼっているけど、これは欠かしたことない……。楽しい……。

原稿もいろいろ机に向かって作れて、質の良いものだとお金もじゃんじゃんたまったり、特別なバフがかかったりするんですけれど、集会のセリフが同じなのがちょっと惜しいなあ!

 

私は、かわいそうな生き物が真っ先に犠牲になったり、虐げられているのがあまり得意ではないんですけれども、分かりやすい少女とか犠牲者とかはとくに出てこず……。

魔女狩りはあるし、火あぶり現場はみれるんですけど、布がかぶせてあるし、悲鳴とか聞こえるわけじゃないし。死体から血液とか脂肪とか抜いたりはするんですけれど、色合いも色あせていて、瞬間風速的にはそんなにつらくはないというか。

 

人々も結構生きぎたなく、マスコットキャラクターと思しきガイコツは酒を飲ませるとたまに情報を吐くものの、今のところははねているだけで役に立っていません(まだクリアしていないので、あとから目覚ましい活躍をする可能性はある)。

 

チュートリアルだけでは完全には何をすればいいかわからなかったり、結構粗っぽいところもあるのですけれど、まあ、作業ゲーではあるし、最低でもwikiを見れば何とかなるし(見ないでやるのが礼儀なのかもしれないですけど)、総合的に結構いい感じです。

おすすめは……どうだろう……。

おすすめしてみてもいいんですけど、人を選ぶというか、グロいところもあるし、なんかこう……ちょっとこのゲーム貸してはまるかどうか見てから本格的に買いなよって言いたいタイプのゲームですね! 私は好きですよ!

 

最後に、Graveyard Keeperで取得できるスキルで、私が好きな作家パークの説明を引用します。

 

作家:

あなたは言葉を紡ぐことができる。ごく稀に良さげな文章が出来上がることもある。親も鼻高々だろう。

| 頻子 | ゲームのプレイ日記 | 21:15 | - | -
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

このページの先頭へ