すばら3

<< ナントカ三術将を遊んでいました | main | あけましておめでとうございます >>
冒険者の手記タイピングのこぼれ話

ちょっとフライングしてしまいますが、

フリゲ2018年で『冒険者の手記タイピング』に入れてくださった方、

はたまた、応援してくださった方、

ほんとうにありがとうございます!

わーい! 作ってよかった! やったー!

 

久しぶりに見直してみるとほんと……なんていうか……

出題文字列が可変DBに入っていたりして、なんていうか……

「動けばいいか」の精神をひしひしと感じますね!

 

●こだわり

 

 

スコアコメントの発言者が耳長、もしくはエルフ(ダークエルフ含む)の場合は

年齢が0〜200までランダムでプラス加算されるようになっています。

 

余談ですが、

手記を書いた人が杖の支配を完全には受けなかったのは、

呪いの杖が両手持ち装備であるのに対して、

メモを片手から手放さなかったことによります。

長年の習い性を通り越してもはや強迫観念と化していた行動は、

ある意味で執筆者を救ったのかもしれません……。

 

呪い装備を付けていたせいで呪い装備を付けられなかった、みたいな。

バーサク状態だったけど睡眠状態だったからデバフ無効みたいな、

そういうアレです。

| 頻子 | 日記 | 22:34 | - | -
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

このページの先頭へ