<< グノーシアの性別(汎)について | main | Ci-enブログを作ってみました&DLsiteの支援イラスト集に載っている気がします >>
2020.05.05 Tuesday

グノーシアは楽しい

Twitterでうるさくしていたんですが、せっかくなのでネタバレを極力しないようにして

グノーシアのレビュー(もどき)を書くことにしました。

 

とりあえずグノーシアはこんな人におすすめ

・デスゲームが好き

 極限状態において発生する関係性は最高だと思いませんか?

 選ぶのは”誰をコールドスリープさせるか”なので、だいぶマイルドではあります。

 また、ループしますから、キャラクターの生死も周回によって変わります。

・個性的なキャラクターが好き

 グノーシアに登場する15人のキャラクターはとっても魅力的です! 

 出身の星が違えば常識も違い、みんな良いところも悪いところもあります。

・主人公の性別が選べて、差分があるゲームが好き

 男女汎(無性)が選べます。異性だと交流の際に選べる選択肢が増えたり、女だと女ったらしの愛想が若干良くなったりします。

 相棒のセツもまた”汎”です。


グノーシアは宇宙船を舞台にしたSFひとり用人狼ゲームといった感じのゲームです。
人間に紛れ込んだグノーシアは、毎晩、1人ずつ誰かを消滅させてしまいます。
宇宙船に紛れ込んだグノーシアを封じるべく、「誰をコールドスリープさせるべきか」の話し合いをします。

何回もの試行を繰り返す中、「どうして世界がループしてしまうのか」「このループを終わらせるためにはどうしたらいいのか」を、相棒のセツとともに探っていく……という感じのストーリーだと思います。

PS Vitaで高い評価を受けていた本作ですが、このたびめでたくNintendo Swichで遊べるようになって手に取りやすくなりました!

かくいう私も移植を大変心待ちにしていたうちの一人です。

 

ストーリーも、キャラクターも、お手軽さも最高のゲームなんですが

私が好きなのはなんといってもグノーシアのキャラクターですね!

 

理論派で尊大なラキオ。

 

爽やかな猫好きお兄さん、シピ。

 

愛らしい少女、ククルシカ。

 

内気で卑屈なレムナン。

 

人情家のしげみち(果たして、彼は人なのか?)。

 

軽薄な沙明。

 

などなど……総勢15名のキャラクターがおります。

 

人間同士で生き残って生存を喜び合ったり、あるときは一緒にグノーシアの共犯者になってみたり、あるときはAC主義者(グノースの信奉者)になって、敵陣営であるグノーシアに尽くして勝利してもいい。

いや、わざと負けるのですら、非常に楽しい。

これで特定のキャラ同士で生き残ったときに見れる会話ですとか、もう〜〜〜……すごい数あります。さいころの魔術。

豊富なセリフ差分や特殊なペア勝利/敗北イベントがあるので、私は今日も眠れません。

 

キャラクターとの個別エンディングがあって性別を選べる一般ゲーは最高ですね。