<< ミトランド探検調査記録 | main | 冒険者4人が挑む愚者の石の設定資料集の予約受付開始しました! >>
2020.01.23 Thursday

コミッションはいいぞ

ほーむorあうぇいのあきらさんがいよいよcoconalaさんでコミッションをはじめたらしいですよ!

 

イラストと、マップ制作と、自作ゲームのプレイレポート(未完成品も可)。

素敵じゃありませんか。

 

さっそく今作っているゲームが軌道に乗って、そのときにあきらさんの手が空いていたら、ミニキャラのイラストでも頼みたいと思っています。

ゲームを完成させるのは衛星を軌道に乗せるくらい難しいので(当社比)、もしかしたら墜落して完成しなかったゲームの追悼式になるかもしれませんが、そのときには、プレイレポートを頼んで慰めに別れの言葉を贈ってもらおうと思っています。

 

以下、コミッションはいいぞ、という話です。

 

●コミッションとは

主に創作界隈でスケッチブックなど、個人間で要望を依頼すること(特に有料で行う物の意味が強い)。またはその仲介を行うサービス。(wikipediaより引用)

 

●コミッションを頼むのはいいぞ

コミッションはいいぞ!

 

Skebとか、SKIMAのイラストコミッションサイトがたぶん有名だけれど、実は絵だったり、音声だったり、テキストだったりも頼めます。

キャラクターのテーマソングや、ボイスなんかもあります。

 

権利の関係で面倒が少ないので、特に一次創作者の人は相性がいいと思います[1]。

 

●こんな感じだよ

これが……。


こう!!!(絵:ruderさん

 

あるいは……。

 

ワォ!!!(絵:いるるさん

 

こっちに至ってはラフすらなく、注文の内容も「 少年がコートをはためかせて歩いている。」にちょっと説明をつけ足したくらいのものでした。

なんていうか、クリエイターさんって、すごいよね……。

 

ね、いいでしょ、コミッション。

 

●推しクリエイターを探す

だいたいはTwitter範囲の知り合いに頼んでいます。

知らない人に頼む場合は、何回か取引があって慣れてそうな人に頼むのがおすすめです。

 

coconalaとかに窓口があったり、「有償依頼を受け付けます」と公言している方だといいですね!

それ以外の場合、金額の交渉が非常にめんどくさいので、すっぱりあきらめるか、料金表を作ってくれと土下座するか、coconalaかSKIMAかSkebに登録しろと焚きつけたほうが早い気がしますね。

 

仲介サイトを挟むにしろ、挟まないにしろ、相手から「このくらい」と値段が提示されているのは非常にありがたいものです。非常識な価格提示のDMをさらされることもないだろうし、友達を失う可能性も少なくなります。


1度やってみると「ああ、こういうもんか」と思うようになるんじゃないかと思います。ソシャゲへの課金と一緒ですね

 

もしむやみにクレジットカードを使うのがいやなんだったら、coconalaさんならコンビニ払いとか銀行振込とかにも対応していたはず。

個人間だったら、Amazonギフトカードだったり、iTunesギフトカードとかを使うこともあります。

 

●考えておくと幸せになるかもしれないこと

・設定資料

 誰しもキャラの設定を書くだけ書いて満足して終わったことがあると思うので特に困らないと思います。え、ない?

 

・どこで頼むか

 Skebさんの「ラフに依頼して、ラフに答える」的なクリエイター側にやさしい方向性には大変共感できるんですが、Skebさんは”クライアントは鑑賞目的の他、SNSアイコンなど一部の用途に限り二次利用可能です”とのことなので、いまいちゲーム制作には向かない感じです。なので、私はだいたいcoconalaさんに頼っています。

 coconalaさんはR18は禁止なので注意[2]。

 

・用途

 印刷用のイラストだったら解像度を高めに頼む必要があります。また、ゲームを有償販売したいときなんかは、「有償利用」にあたって金額が上がる可能性があるので、先にその旨を伝えておきましょう。

 

・納期

 趣味でやる場合、「金、クオリティ、納期」の中で出しやすいもので、一番自分の裁量でどうとでもできるリソースだからね!!!!! たっぷり出そうね!!!!!

 

●以下、宣伝

・あきらさんのマップはいいぞ

雨水のあはれ

ソラドウト

 

・イラストもいいぞ


絵:あきらさん。『わたしのお名前なんですか』よりエルマ。

あきらさんは天才なのでマップを組めるだけではなく絵も上手い。

画像を見ていて気が付いたが、もしかして私は青髪短髪のキャラクターが好きなのか……!?

 

・私はコミッションでイラストを頼んでこんなゲーム作りました。

 

[1]Skebでは二次創作公認プログラムなんていうのもある。

[2]2020/01/22 現在……いやまって、あまり信用しないで