すばら3

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドのサウンドトラックは最高だ

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドのサウンドトラックが届きました。
いや、届いていました。
ちょっとバタバタしていたので、
楽曲をウォークマンに取り込むのは
後回しにしていたのです。

 

噂にたがわぬ豪華絢爛さで、
奥ゆかしく折りたたまれたパッケージ。
開くと、3面鏡のように、輝く3枚のCDが姿を現しました。
付属のメモ帳とクリアファイルは、
ファイナルファンタジーでいつもいつも「エリクサー」とエンディングを共にする私では
おそらくは一生使うことはないでしょう。

 

恭しくDISK1を取り出し、
首尾よく取り込みを終えると、
ケースの後ろに、

取り出したはずのディスクが見えるではありませんか。

残像か?
買い物も5000円を超すと残像を出せるようになるのか?
いや、よく見ると、1枚ではない。


なんということでしょうか。
3枚に見えたCDのうち2枚は、ケースが複雑に絡み合い、
2枚セットとなっているのです。

プラスチックの透明なケースの向こうに、
CDは確かに見えるのに、
どうしても開けることができない。

さながらクリスタルに封印されている封印のごとく、
CDはあやしくきらめいています。

 

なるほど、これが任天堂か。
露骨に対岸に見えるハートの欠片が、

水で、暗闇で、謎のスモッグで、

隔たれた空間が、
「今はまだとれないぞ」とささやいてくる、
あの任天堂なのか……。

納得しかけて手を引きかけた私に、もう一人の私がささやいてくる。

 

ほんとか? まだか?

これは試練なのではないか?

 

〜アクァ・ナイの試練〜

閉ざされたケース

 

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドは、

始めのほうの大陸でなぞ解きの道具が一式揃ってしまう、
ゼルダの伝説のシリーズの中でも、新たな挑戦を感じる一作でした。

 

ほんとうに、私にこのCDケースを開封する術はないのか?

もうすでに、手がかりは手の中にあるのではないか?
私の中のブレスオブザワイルドを試されているのではないか?

 

(しっかりしろ、もう、フックショットもないんだぞ……)

 

覚悟を決めてCDに手をかけると、
頼りない、しかししっかりとしたプラスチックがミシリと音を立てます。

思ったより華奢なCDケースのプラスチックのたわみに、
私は驚き、思わず手を放しました。

 

あの瞬間、確かに、CDケースの上に、HPゲージが示されていた。

危なかった。

 

CDケースと人間。
人間は、CDケースを一方的に破壊することができる。
人から見たら、CDケースとは、
なんとか弱き存在でしょうか。

 

人としての尊厳が試されている。

はるか祖先から息吹いてきた、道具と共に生きた人間の進化の集大成が、

今ここで試されている……。


この手では、私は、CDケースを
傷つけることしかできないのか。
傷つけることしかできないのか……。

 

※CDは15分の格闘と話し合いの末、あきらさんに泣きついて開け方を教わりました

| 頻子 | 日記 | 19:13 | - | -
弟からイナゴが0匹送られてきた

「そちらに日本何とかが作ったイナゴ0匹送ったのですが届きました?」

 

弟から連絡が入った。

私の田舎では、イナゴの佃煮が有名で……なんてことはなく、元ネタはSCP-240-JPだ。

気質なのか育ちなのか、妙に趣味が被る。

 

「もちろん、イナゴが0匹届きましたよ。私もトマトを送りました」

「トマトならここにあります。ここに”止まって”いますよ」

 

それ以来返信はない。

| 頻子 | 日記 | 21:42 | comments(0) | -
あけましておめでとうございます

2018年、あけましておめでとうございます。

サイトを開設したのが1月1日ですので、ちょうど良い時期でもあります。

今年もぽちぽちと何か書いたり作ったりしていきたいと思っています。

毎日コツコツと書きためて、長編が書けたらいいなあ!

それと、売るまではいかないまでも本を出せたらいいなあと思っています。

2部とか刷って、自分の本棚にそっと入れておきたい……。

ゲームが遊びたいな、とは思っていますが、こっちは放っておいてもやっているでしょう。

 

珍しく初詣に行ってきました。おみくじは中吉でした。

それで、お財布に入れていたくじをうっかり落としてしまったんですが、気が付いて戻ってみると、「ただでおみくじが引けるじゃないか」と男子高生と思しき若者らが拾い上げてきゃっきゃしておりまして、にこにこと懐にしまっている様子がなんだか微笑ましくて、そのままにして帰ってきました。

とても和やかな様子で、言えば渡してくれそうな雰囲気だったのですが、見知らぬ人間と運勢を共有するというのもまた面白そうでもありますね。いや、もはや彼のものなのかもしれませんが……。

 

年末年始はエレメンタリーのシーズン4を見ています。相変わらずとても面白いです。

| 頻子 | 日記 | 19:06 | comments(0) | -
フリゲ2017、ご投票ありがとうございます

ふふ。ふふふふふ。

フリゲ2017、「わたしのお名前なんですか」にご投票ありがとうございます。
今気が付いたみたいな顔してますが、集計中に票が入っているのに気が付いて、びっくりして、もー、嬉しかったけど、なんか硬派ぶっておこうと思って黙っていました。

なんでだろう!? ふははは。はは……。ちょっと恥ずかしい。

もう、勝ったなって。下駄箱に入っているチョコレート。気が付いて。

まさかもらえるとは思っておりませんでしたから、目を背けつつ内心ガン見してました。内緒ですよ。

今日、急に「同名の別ゲームだったらどうしよう!!!」と不安になって、リンク確認して、間違いなかったものですから、ガッツポーズを決めました。ヒューーー!

どこぞの親切な方が入れてくださったのだと思うのですが、ふふ、ふはははは! ありがとう!!!!!

一緒に作ってくださった、あきらさんにもありがとう!

レビューしてくださったり、紹介記事を書いてくださった方、バグ報告をしてくださる方もありがとうございます。

またテキストが溜まったら何か作りたいなあと思っています。

 

あ、ゲームに限らず、いつもそっと拍手をくださる方や、小説をブクマしてくださる方や、リプライをくださる方や、ただ見てくださる方や、そっとスルーしてくださる方やら、ともあれ、いろいろといつもありがとうございます。

皆様の存在が大変励みになっております。

| 頻子 | 日記 | 22:14 | - | -
最ッ高のメリークリスマスだぜ!

BGBさんの動画を見てFiascoがプレイしたくなり、気がつくとAmazonの注文履歴にFiascoがあったんですね。
いけないなー、楽しみだなー、と思って毎日ポストをのぞき込む日々だったんですが、先日ポストを見てみると、ありました。ポストに。Fiascoが。
Fiascoの英語版が……。

なんかいつもより届くのが遅いし、発送元が思いっきり海外だったんですが、いろいろと忙しかったのと、「まあカタンだってドイツのゲームだし」みたいな理屈に合わないことを考えて気にもとめずにいました。
ページをめくってからようやく言語を間違えたことに気がつきました。

いやー、うっかりうっかり。
海外からの品物が三千円ちょっとで届くのって、つくづくすごいもんです。
とりあえずページをぺらぺらとめくってみましたが、なんかやたらFuckと書いてある。ような気がする。まあそれは、まあそれは、そんなゲームとはわかっていた。うん。はい。

「1回刑務所に入った」だの、「腎臓がない」だの、英語の教科書では決して出てこないだろうフレーズを辞書を片手に読解に励んでいると、全然関係ないんですが、ふと、奴隷(slave)とセレブ(celeb)を取り違え、セレブ商人から大量のセレブを輸入したクラスメイトのことを思い出しました。
今でも彼はお元気だろうか。

 

Twitterで己の愚かさを嘆いていたところ、なんと、日本語版発売元のハロウ・ヒル様から日本語版のPDFをいただいてしまいました。

ご連絡をいただいたときはものすごくびっくりして、「10億円当選しました!」といった類のメールなのか、いやいや、これはピンポイントすぎるぞと、あて名とメールアドレスを拝見したところ、どうやら本当らしいと分かって……。

ああ、なんてことだ。やっぱりサンタクロースは実在したのか……。

というわけで、日本語版Fiascoを買い直す代わりにスケルトンズを買うことにしました。

その節は誠にありがとうございます。

 

面白いセッションがあったら、リプレイにでも起こしてみれたらいいなあと思っているのですが、そう思いながらも遊んでいないTRPGをいくつか積んでおりますので、当てのない話ではありますが。いつか……いつか遊べたらいいなあ!

もし機会がありましたら、一緒に遊んでくだされば幸いです。

| 頻子 | 日記 | 21:59 | - | -
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

このページの先頭へ