2020.07.08 Wednesday

ゲームのスクリーンショットをとって文字起こしするプログラム

ゲーム制作がぜんぜん進みません。

代わりにツール作ってました。

 

ふきだし(GitHub)

 

プログラムの起動中に[Ctrl]+[SPACE]で一番前面のアクティブなウィンドウを捕まえて、

[Ctrl]+[ALT]で指定範囲をスクリーンショット、

Tesseract OCRで日本語解析してテキスト出力するプログラムです。

 

テキスト解析はしますが、指定したキーを押したらスクショが時系列順にとれたりするので、

ひたすらセリフをメモりたい、というときに便利かもしれません。

ツクール系はフォントが特徴的だからか精度がさっぱりでした。

 

 

えーっと、Pythonファイルってどうやって配布するんだろうか。

 

精度もいまいちだし(※おそらく画像の処理とパラメータ設定次第でもうちょっとましになる)、

Tesseract OCR入れたりPython環境が必要だったり、

導入がめんどくさいので気軽に試すにはちょっとおすすめしませんが、

いちおう、奇特な人がいるかもしれませんし、

そのうちちゃんと導入方法を書いておいておくかもしれません。そのうち。

 

いつか海外の方が日本語を必死に読むときの助けになるだろうか?

(それは私が英語のゲームをやるときかもしれない)。

 

これは公開しても大丈夫そうだと思ったので、

GitHubにもちょいちょい履歴をためておくか、と思ってパブリックのリポジトリ作ってみました。

もしお心得のある方は気軽にプルリクなどしてください。

お心得のない方は私を直接揺すってください。

 

 

あとは、字書き向けWindows本の書籍版を出そうと奮闘中です。

大筋にかわりはないんですけれど、ちょっとずつ修正したり書き足したりモノクロでの出力を見たりしています。

どうせだから、あとでKindle版のほうも版あげしてやりたいところですね。

本棚から商業本を引っ張り出してきて、最後のページをそれらしくしてみました。

 

追記:奥付けはページ数入れないよ!と教えてもらって直してきました。

中扉と奥付設定があった!助かります!

 

ゲームは分かりませんが、Windows環境構築本の次の本はおそらく『Pythonかもかて自動化本』になりそうです。

2020.06.14 Sunday

どげざ2019お疲れさまでした!

「冒険者4人が挑む愚者の石」が熱部門、爆笑部門にノミネートされていました。
受賞はしませんでしたが、それでも人の口から冒4の単語が出てくることに衝撃を受けます。
私の作ったものが、人の世界に、ちゃんと認識されて、存在している……!
わりとうっすら実在を疑っているので……、いつも信じられない気持ちになります。
素敵な機会をありがとうございました。

 

あっそうだ、どげざには年齢制限のかかったゲームも混じるので、もうちょっと告知の時にお知らせしておけばよかったと後悔しています。
冒4は乙女ゲー周りだったから年齢制限のあるエロゲと発表順が近かったこともあって、

もしびっくりさせてしまったらすみません!

 

ああ〜、思い返せばあれをやってよけばよかった、これをやっておけばと思うことばかりで、ほかの人たちのコメントを聞いていると、すごくどうでもいいコメントを残してしまった気がします。
もっとちゃんと、せめてちゃんと! もうちょっとなんか、書けばよかった……!
基本的に大勢の前でしゃべるのが苦手です。
それというのも、前に立つとなんか、自意識がむくむくと頭をもたげてきて、面白いことをひとつは言わなければいけない気がしてくるためです。お、お恥ずかしい。

 

いったい私は何を作りたいのでしょう。
ちゃんと言葉にしてみると……なんでしょうね……ひとつには、私は乙女ゲームや恋愛ものが大好きなんですが、一昔前のテンプレートではどうしても倫理観が合わないことが多くて、そこをなんとかアップデートして、自分の味付けでやってみたかったということでしょうか。

割と「好きだから」という理由で、他者に介入して、ひとのふるまいを変えたりさせるようなことは傲慢だと思っているタイプで、もちろんそれが必要なときは絶対にあるけれど、少なくとも全面的に肯定されるものではないと考えています。
そこには自覚的であるか、あるいはキャラクターとしては自覚していないキャラクターでも、世界としては認識していてほしい、と思って作っています。
うーん、ヘリオンなんか顕著でしょうか。他者への手助けにためらいがないのは、一面としては彼の傲慢さの表れでもあります。
ギルダインはまったく気にせずぐにゃぐにゃ自分を変えていますが、割と不幸になりがちな一因はそのへんにあるのではないでしょうか。
アーテルは……。うん……。
たぶん、ミトラははやいとこファーストの呪縛を脱出して、じぶんを確立して自立するべきです。誰かを好きになる前に。

2020.06.01 Monday

かもかて十年祭お疲れ様でした!

かもかて十年祭が終了しましたね。

お疲れ様でした!

そして十一周年おめでとうございます。


冠を持つ神の手は、はじめてブログを作って作品を発表し始めた頃のメインジャンルなのですが、

十年前ともなると、自分の作品やふるまいを思い出して冷や汗が出てくるようなジャンルでもありますね。

今もかなり未熟者ではありますが、

さすがに十年近くも経つと、

「若気の至り」という言い訳が使えなくなってきた気がします(自分で言うものではないけど)。

 

あの頃によくしていただいたおかげで

今も楽しく創作をやっています。

大変お世話になっています!

 

本来であれば今日(※昨日)は北海道COMITIAの日だったのですが、

パソコンのグラボが吹っ飛んだり、

そのほか、いろいろごたごたしていたこともあって、

おうちでのんびりしていられて良かったなあと思っています。

 

北海道COMITIAは、次の振り替えの方に申し込みしてあるので、

出られるかはわかりませんが、秋に出るかもしれません。

ゲーム……作るか……!

2020.03.27 Friday

男が男に怒る夜アンソロジーの原稿脱稿しました!

男が男に怒る夜アンソロジーの原稿はおそらく無事に脱稿しました!

 

手帳に締め切り日を書き込んだのがかなり最近のことな気がするんですが、あっという間に3月下旬ですね。

早いなあ!

 

去年の今頃は、コミティアに向けてすごくそわそわしながらお釣り用の小銭をせっせとお財布からためていたんですけれど、

なんだか早く準備しすぎるといざ中止、というときにがっかりしてしまう気がして、

準備があんまり手につきません。

 

とりあえず北海道コミティアが中止になっても、

冒4の設定資料集はお通販とかDL販売はそのまま5月末に出す予定です。
こう、印刷所が吹き飛んだりしない限りは。たぶんね!

でもイベントがなくなったら、ちょっと刷る部数減らそうかなー、どうしようかなーと考え中です。

あ、事前予約分のやつは確実に刷るのでご安心ください。

 

Windows字書き環境構築本の方は、イベントがなくなったら物理書籍をなくしてオールDL販売にするかもしれません。

それか、後から物理書籍にするか……技術書って身内に見直してもらってもこう客観的なツッコミどころ多そうだし何回かPDFで修正してほどよく完璧にしてから物理書籍にするとちょうどよいのではこれもやっぱり検討中です。
 

去年は、イベントに参加するときって、

お休みが取れて、

身内に急なトラブルがなくって、

当日体調も悪くなくて、

小さなお子さんがいるなら面倒見てくれる誰かもいて、

(遠方だったら)交通費と宿泊費が用意できて、

みたいな数々のハードルを乗り越えないと参加できないんだよなあー、

なかなか難しいなー

と思っていたんですが、

ここにきてさらにハードモードですね。

たいへんだ……。

 

とりあえず大人しくおうちでどうぶつの森をやっています。

2020.03.16 Monday

北海道コミティアのサークルカットを用意しました

 

はいどーん!(絵:ruderさん)

 

油断していたらもう3月16日だなんて!

サークルカットはあとで出そうと思って本気で忘れていました。

 

大昔に買ってもらったSAIのライセンスを記した紙もろもろがなくて、

SAI2に移行できずどうしようかと思っていたんですが、

お問い合わせを駆使してようやくなんとか移行できました。

これでなんとか文字入れできるようになったので、

サークルカットもなんのその。

 

あまり画像を加工したり配置したりするのは得意ではないんですけれど、

ruderさんの素敵なイラストのおかげで、

なかなか可愛くできたんじゃないでしょうか?

100点ではないかも知れないけれど、8割くらいはとれたんじゃないでしょうか。

 

追記:高瀬川先生が100点花丸のやつくれました。

 

すばら3は基本的にWord Artをお手本にしてきたような世界ですが、

みなさんのお力でちょっと見栄えがよくなっています。

 

 

 

これは設定資料集のSSラフ案のひとつ(載らないほう)、めそめそするピヨピヨです。

いろんなイベントが中止になってなにかと寂しいすばら3でした。

中止になったってお通販はするんですけれど、

北海道コミティア……あるといいな……!