すばら3

拍手お返事(4/19)

追記から拍手へのお返事です。

いつもありがとうございます!

続きを読む >>
| 頻子 | お返事 | 21:55 | - | -
弟からイナゴが0匹送られてきた

「そちらに日本何とかが作ったイナゴ0匹送ったのですが届きました?」

 

弟から連絡が入った。

私の田舎では、イナゴの佃煮が有名で……なんてことはなく、元ネタはSCP-240-JPだ。

気質なのか育ちなのか、妙に趣味が被る。

 

「もちろん、イナゴが0匹届きましたよ。私もトマトを送りました」

「トマトならここにあります。ここに”止まって”いますよ」

 

それ以来返信はない。

| 頻子 | 日記 | 21:42 | comments(0) | -
逆転裁判6を借りました

先日、弟から逆転裁判6を借りました。

 

私「近くに行く用事があるから、ついでに寄るね」

弟「逆転裁判6を送ります」

私「ありがたいけど、直接会うだろうからそのとき貸してくれればいいよ」

弟「その滞在時間では足りないので予習しておいてください」

 

オタクの鑑である。

 

私「逆転裁判6、どうだった?」

弟「いくつか気になる点もありますが、評判はなかなか良いみたいです。僕も結構面白いと思いました。正直5は簡単すぎるなと思っていたので、6になって難易度がちょうど良くなっていいなと思っています。

これによって、ヒント機能が日の目を見たという感じですね」

私「ほうほう」

弟「逆転裁判6をプレイするにあたって注意してほしい点がいくつかあるのですが、1話は結構テンポが悪くて。

言ってしまえば、ある証人が……歌いながら証言をするので、ちょっとダラダラとしてるんですよね。でも1話を乗り越えたらあとはそんなことはないので、続けてください

それと2話には『過去の話』というキーワードが出てくるんですが、10年前というのは12年前(※私がうろ覚え)、と読み替えて遊んでください」

私「あ、ありがとう……」


なんていうか、入門者がやりがちなつまづきに対する対処の丁寧さが感じられて大変いいですね。

作品が好きなあまり偏った断片的な情報をまくしたててしまうことが多い私としては、ちょっと見習いたいものです。

 

弟は私よりもネタバレに厳しいので、かまをかけても犯人や事件の内容は教えてくれませんが、詰まったらわりとほいほいヒントをくれます。

私「全部捜査したと思ったのに次に進まない」

弟「3Dで、視点変えられるの覚えてます?」

私「ああ……忘れてたわ……」

弟「同じ場所で30分詰まりました」

 

やっぱ兄弟だよな……。

| 頻子 | ゲームのプレイ日記 | 00:42 | comments(0) | -
メギド72をプレイしていました

ここのところ、メギド72をプレイしていました。

私の感覚ではこいつはプレステで発売されているゲームのはずですが、

どういうことやら、メギド72は今を時めくソーシャルゲームです(公式サイト)。

あれえ?

 

いや待ってくれ。メギド72はたしかにスマートフォンで遊ぶ基本プレイのソーシャルゲームで、別に原作があるわけではない、正真正銘のソーシャルゲームだ。

でも、なぜかプレイしていると、なんだかあの頃を思い出す。

そう、まるで……そう……。なんだかとても懐かしい……。ああ……。


ああ、大好きな大好きなロマンシング・サ・ガ3。ファイナルファンタジー。クロノクロス。あるいは世界樹の迷宮。そしてジルオール。幻想水滸伝。PSOエピソード1&2。ファイアーエムブレム……。私がジルオールをやったのはすごく最近だし、幻水に至っては1年前じゃないかってのはまあ、この際、置いておこう。

3つ以上趣味がかぶってたら握手をしよう。

 

一体なんて言ったらいいんだ?
なぜかこのゲームをプレイしていると無性にノスタルジーを感じる。

別に特定のゲームに似ているとか似ていないとかそういうわけではなくて、いろんなゲームのことを思い出す。

なつかしさが鼻から鼻の奥に抜けてなんか、「おかえり」って言ってくるような気がする。

 

グラフィックは今時みたいで綺麗きわまりないし、別に、あか抜けてないってわけでもないし、どうしてこんなにノスタルジーを感じるのかわからない……。

一体どうやって攻略してやろうかと、キャラクターの編成を考えて、手札を揃え、一生懸命に推奨レベルよりも格上の相手をのしたとき、このゲームが私に「おかえり」と言ってくる。私はこの感覚を知っている……。

ああ、どうしてこんなに懐かしいんだろう。ひたすらに懐かしい。懐かしい。懐かしくって仕方がない。

ああ、故郷よ……。

 

すごく戦闘が面白いと思う。

お話も最高だ。敵も味方も最善を尽くす。

あとキャラもかわいい。

でも特別なゲームみたいだ。

 

初めてスマートフォンが『ゲーム機』になった。

今までだって好きで入れてたアプリはあったし、はまったものもあったのだけれど、スマートフォンと言えば私にとって、ゲーム機ではなくって小さいパソコンだったんだ。ややこしいことに、パソコンでゲームもするんだけど。

今までスマートフォンでやるゲームは、FLASHゲームをやっている感覚だったんだ。FLASHわかるかなあ……。

実績が残ってくれてたら嬉しいし、周回もするけど、明日、ブラウザの観覧履歴を消すついでにデータが消えても、まあ、ショックだけどそんなにダメージはなく。特に大丈夫、問題なし、っていうものだったんだよなあ。

 

面白くって面白くって一日ぽちぽちやってた時、このゲームが、コンシューマーゲームだったらなあ〜、と思った。

別にソーシャルゲームで構わないし、こんな素敵なゲームを作ってるところはがんがん収益を上げて、どんどん儲けて、ばりばりコンテンツがにぎわえにぎわえ、って思っているけれど、なんだか、いつかサービスが終了するのがもったいないや……。

 

ああ。メギド72。面白ければ面白いほど、いつか終わることばかり考えてしまう。

 

思い出をメモリーカードに閉じ込めておけたらなあ。

ずっといつでもいつまでも、メギド72が起動できたらいいのにね!

 

ついでにいいなあと思うキャラが全員手に入れば言うことはないんだけれど、まあ、それは商売だから野暮な話だ。

 

曲があまりに良すぎるので、サントラが欲しい。

 

ちなみに私の推しはサレオスさんです。

見ていると落ち着くというか、ほっとするというか、やけに茶目っ気があってかわいい。

| 頻子 | - | 03:54 | comments(0) | -
Skyrimで遊んでいました

週末は専らSwitch版のSkyrimをプレイしていました。

PC版でも相当に遊んだSkyrimですが、プレイするたびに新たな発見と喜びがあります。

素敵なMODのキャラクターがいないのは少し寂しいものですが、温かいお布団に寝転がり、Skyrimを両手で持ち上げ、タムリエルの重みを両の手で感じる(割と軽い)、これだけで買った甲斐があるというものです。

 

今回はロールプレイ重視で遊んでいます。

食事・睡眠をできるだけとり、生活感を重視して振舞おう、ということで、ファストトラベルと地図を縛ってみました。

それと、呪文の書もお店で買わず、道中で拾ったもののみ取得することにしました。

おかげで灯火をまだ覚えておらず、たいまつもなくしたので、何かあれば火炎で照らしています。非常に頭が悪いですね。

 

街に行くタイミングが限られるので、荷物がまあかさばることかさばること!
換金用の防具なんて、とてもじゃないけど持っていられません。

全く金銭なんてものは社会的なものです。

人がいないと全然使えないし、引き換えられない……。

今までに全然振ったことがなかったけれど、スタミナってこういうところでも有効なんですね。

所持品の重量上限が上がるのが非常にありがたい。

 

それと、息継ぎのように各地に点在する宿、宿だけの宿、あれのありがたみを身に染みて感じました。

屋根があり、暖炉があり、人がいて食事ができる。

それだけの施設が旅人にはなんとありがたいか……。

 

街についたらきちんと宿に泊まるようになったので、各宿の違いが少しずつ分かってきました。

ソリチュードの宿はほんとにおしゃれできれいですね。というよりか、ソリチュードは洗練されていて、全体的にとてもきれいですねー。購入できる自宅もすごい豪邸だしなあ。

 

あとは、山賊やらフォースウォーンやらのいるところは、設備が整っていてとても暮らしやすいのだということに気が付きました。

ベッドがあり、作業台があり、皮なめし台があり、果ては溶鉱炉、たまに錬金術道具まであります。

勝手に棲みついて暮らすまでには、「よっしゃ俺は作業台を作るぜ!」「あたしちょっくら錬金術道具をかっぱらってくるわ!」なーんてやりとりがあったのでしょうか。

たまに遺跡の仕掛けをたくましく利用している山賊を見かけると非常に面白い……。

 

ゲーム内料理にも凝ってみようとは思うのですが、錬金術をしていると、どうも塩を使ってしまいがちで、しかし料理には塩。塩がいる。塩がないとろくな料理ができない。

| 頻子 | ゲームのプレイ日記 | 02:42 | comments(0) | -
Ark Noirの感想の再掲やらStardewValleyとお布団やら

とても拍手が入ってる!

いつもながらにとてもうれしいです。どうもありがとうございます。

 

最近の私は、もちろんSwitchに登場したStardewValleyをしこたま遊んでいました。

半携帯機で遊べる牧場物語系のゲームの罪深いことといったら、そりゃもう……。

お布団と作業ゲーの相性は、残念なことに格別と言わなくてはなりません。

 

テキストファイルの入ったフォルダーを整理していたら、Ark Noir の感想が見つかったので、せっかくですからサイトのほうにもアップロードしておくことにしました。

感想かレビューかわからないことになっていますが、大好きなゲームなんですよ!

 

いつのまにか更新までひと月空いてしまいました。あっぶないあぶない。

| 頻子 | お知らせ・更新履歴 | 04:26 | - | -
あけましておめでとうございます

2018年、あけましておめでとうございます。

サイトを開設したのが1月1日ですので、ちょうど良い時期でもあります。

今年もぽちぽちと何か書いたり作ったりしていきたいと思っています。

毎日コツコツと書きためて、長編が書けたらいいなあ!

それと、売るまではいかないまでも本を出せたらいいなあと思っています。

2部とか刷って、自分の本棚にそっと入れておきたい……。

ゲームが遊びたいな、とは思っていますが、こっちは放っておいてもやっているでしょう。

 

珍しく初詣に行ってきました。おみくじは中吉でした。

それで、お財布に入れていたくじをうっかり落としてしまったんですが、気が付いて戻ってみると、「ただでおみくじが引けるじゃないか」と男子高生と思しき若者らが拾い上げてきゃっきゃしておりまして、にこにこと懐にしまっている様子がなんだか微笑ましくて、そのままにして帰ってきました。

とても和やかな様子で、言えば渡してくれそうな雰囲気だったのですが、見知らぬ人間と運勢を共有するというのもまた面白そうでもありますね。いや、もはや彼のものなのかもしれませんが……。

 

年末年始はエレメンタリーのシーズン4を見ています。相変わらずとても面白いです。

| 頻子 | 日記 | 19:06 | comments(0) | -
フリゲ2017、ご投票ありがとうございます

ふふ。ふふふふふ。

フリゲ2017、「わたしのお名前なんですか」にご投票ありがとうございます。
今気が付いたみたいな顔してますが、集計中に票が入っているのに気が付いて、びっくりして、もー、嬉しかったけど、なんか硬派ぶっておこうと思って黙っていました。

なんでだろう!? ふははは。はは……。ちょっと恥ずかしい。

もう、勝ったなって。下駄箱に入っているチョコレート。気が付いて。

まさかもらえるとは思っておりませんでしたから、目を背けつつ内心ガン見してました。内緒ですよ。

今日、急に「同名の別ゲームだったらどうしよう!!!」と不安になって、リンク確認して、間違いなかったものですから、ガッツポーズを決めました。ヒューーー!

どこぞの親切な方が入れてくださったのだと思うのですが、ふふ、ふはははは! ありがとう!!!!!

一緒に作ってくださった、あきらさんにもありがとう!

レビューしてくださったり、紹介記事を書いてくださった方、バグ報告をしてくださる方もありがとうございます。

またテキストが溜まったら何か作りたいなあと思っています。

 

あ、ゲームに限らず、いつもそっと拍手をくださる方や、小説をブクマしてくださる方や、リプライをくださる方や、ただ見てくださる方や、そっとスルーしてくださる方やら、ともあれ、いろいろといつもありがとうございます。

皆様の存在が大変励みになっております。

| 頻子 | 日記 | 22:14 | - | -
最ッ高のメリークリスマスだぜ!

BGBさんの動画を見てFiascoがプレイしたくなり、気がつくとAmazonの注文履歴にFiascoがあったんですね。
いけないなー、楽しみだなー、と思って毎日ポストをのぞき込む日々だったんですが、先日ポストを見てみると、ありました。ポストに。Fiascoが。
Fiascoの英語版が……。

なんかいつもより届くのが遅いし、発送元が思いっきり海外だったんですが、いろいろと忙しかったのと、「まあカタンだってドイツのゲームだし」みたいな理屈に合わないことを考えて気にもとめずにいました。
ページをめくってからようやく言語を間違えたことに気がつきました。

いやー、うっかりうっかり。
海外からの品物が三千円ちょっとで届くのって、つくづくすごいもんです。
とりあえずページをぺらぺらとめくってみましたが、なんかやたらFuckと書いてある。ような気がする。まあそれは、まあそれは、そんなゲームとはわかっていた。うん。はい。

「1回刑務所に入った」だの、「腎臓がない」だの、英語の教科書では決して出てこないだろうフレーズを辞書を片手に読解に励んでいると、全然関係ないんですが、ふと、奴隷(slave)とセレブ(celeb)を取り違え、セレブ商人から大量のセレブを輸入したクラスメイトのことを思い出しました。
今でも彼はお元気だろうか。

 

Twitterで己の愚かさを嘆いていたところ、なんと、日本語版発売元のハロウ・ヒル様から日本語版のPDFをいただいてしまいました。

ご連絡をいただいたときはものすごくびっくりして、「10億円当選しました!」といった類のメールなのか、いやいや、これはピンポイントすぎるぞと、あて名とメールアドレスを拝見したところ、どうやら本当らしいと分かって……。

ああ、なんてことだ。やっぱりサンタクロースは実在したのか……。

というわけで、日本語版Fiascoを買い直す代わりにスケルトンズを買うことにしました。

その節は誠にありがとうございます。

 

面白いセッションがあったら、リプレイにでも起こしてみれたらいいなあと思っているのですが、そう思いながらも遊んでいないTRPGをいくつか積んでおりますので、当てのない話ではありますが。いつか……いつか遊べたらいいなあ!

もし機会がありましたら、一緒に遊んでくだされば幸いです。

| 頻子 | 日記 | 21:59 | - | -
Switchのゲーム

いつもウェブ拍手などありがとうございます!

 

スプラトゥーンで海外の方とフレンドになったんですよ。

だいたい「ナイス」と「カモン」、「やられた!」の3語しか話せないので、まともにしゃべったことはないんですが。


何気なくゲームのプレイ履歴を見たら、その方、Stardew Valleyをやってらっしゃるんですよ。
心底、心底うらやましい……!

2017年11月10日現在、Switch版Stardew Valleyの日本語版はまだです。

地域設定を変えれば買えないこともないみたいですが、そうするとまた日本語版買わなきゃいけないからなあ。

Steam版も持ってるんですが、なんとなく、長く遊べるシミュレーションゲームを半携帯機で泥のように遊びたい。

 

Skyrimが待ちきれずこまごまとシェフィーやらいろいろなゲームを買っていたんですが、ついに誘惑に負けてメゾンド魔王も買いなおしてしまいました。

ドラキュララの一大王国を築いて家系図を書いてたんですが、飽きたころに攻略サイトを眺めていたら、PC版をプレイしていた時は気が付かなかったことがたくさんあってびっくりしました。

モンスターって世代を重ねるごとに強くなるんですね。へえー。全然知らなかった……。

 

Switchにバーチャルコンソールと、インディーズゲームがたくさん増えるのが楽しみでなりません。

| 頻子 | 日記 | 01:50 | - | -
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

このページの先頭へ